カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2018年12月19日 (水)

西郷どん

 西郷どんも西南戦争で戦死してしまいました…。

政変に敗れ鹿児島に帰る西郷どんと薩摩藩士たち、大久保利通と共に政府に残った薩摩藩士、西郷どんの弟・西郷従道(じゅうどう)も政府に残ります。

西南戦争はこんな薩摩藩士達の悲しい戦いです…。
西郷隆盛のドラマも初めて見ましたが、決して順風満帆な人生を歩んだ方ではなかったようですね。勉強になりました。

西郷さんの伝記でも読んでみようと思います。今年の大河ドラマは面白かった~!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

西郷どん

今年の大河ドラマ「西郷どん」も次回で最終回。

鈴木亮平演じる西郷隆盛も面白かったですね~。
キャシャな役が似合う鈴木亮平も立派に西郷を演じてました。

盟友、瑛多演じる大久保利通と決裂するシーン、北村有起哉演じる初代鹿児島県令大山さんと大久保利通との牢屋越しのやりとりも見ごたえありました。


一年てあっという間です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

青山二丁目劇場

AM山形放送で毎週日曜16:30~17:00放送してる青山二丁目劇場。
制作局の文化放送(AM1134)で毎週月曜日20:30~21:00に放送しているようだ。

このラジオドラマ、毎回面白いドラマ展開んだ。おもしろいというより感動するヒューマンドラマだ。

4月からの番組改編で山形では聴けなくなってしまった…。

残念!!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

懸賞あたった。

ラジオの懸賞に当たった。

FM山形の「喫茶DEナイト」という番組に申し込んだ。

とんかつ屋さんの食事券2000円分があたった。

Dsc08899 Dsc08900


地方のテレビ、ラジオ番組は曲のリクエスト、プレゼントに応募しても採用される確率が非常に高い。
テレビでも地方版では知り合いがちょくちょくでてくる。

FM群馬でも一回だけ曲がかかったことがあったがそれっきり…。
TOKYO FMやNUCK5(ナックファイブ)などメジャーなラジオ局で紹介されたことはない…。

これも地方、田舎のいいところだろう。

これからもいろいろと応募していこう!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

ちゅーボーですよ。

毎週土曜日23:30TBS「チューボーですよ」を見ている。イや見ていた。1994年に始まり去年の12月で幕をおろした長寿番組だ。つまるところ20年以上見ていたことになる。

巨匠こと堺正章ひきりるアシスタントの森星、お笑いの吉村そして毎週招待されるゲストと料理を作る番組だ。

試食が終わった後、ゲストに料理の出来栄えをMax三ツ星で評価してもらう。プロフェッショナルな料理番組と異なり、まちゃあきも料理を大失敗してしまうことも多々あり、なかなか面白い番組だった。

もっと見たかったな。残念だ~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

真田丸

とうとう北条一族が滅んでしまいました…。北条氏政は切腹、息子の氏直は秀吉に許されて出家したようです。氏政役の高嶋政伸の鬼気迫る演技も素晴らしかったです。

なかなか面白い展開になってきました。伊達政宗も登場し、次回は千利休も切腹させるようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月31日 (火)

真田丸

今年大河ドラマ「真田丸」。日曜日20:00からNHKでやってるやつです。三谷幸喜のお話はとてもおもしろくわかりやすいです。

長野県上田市周辺を治めていた野武士真田家。その次男真田幸村のお話です。

これから北条征伐、親兄弟別れての関ヶ原の戦いへと話がすすんでいくのでしょう。

毎週楽しみに見てます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

信長協奏曲

数年ぶりに映画を見てきた。小栗旬演じる高校生サブローが戦国時代にタイムスリップし、サブローとうりふたつの織田信長になりすまし戦国時代を生きていく物語。

テレビドラマの続編で子供たちがこれを見ており、映画もぜひ見たいということで見てきた。
テレビでは今川義元との桶狭間の戦い、朝倉・浅井長政との姉川の戦い、比叡山延暦寺の焼き討ちなど、戦(いくさ)のない世をめざし日本統一すすめます。タイムスリップしてきたサブローですが偶然にも史実に沿って物語はすすみます。

映画では本能寺の編で自分が殺される事実を知ります。

つまるところ、本能寺の変で本物の織田信長が殺され、明智光秀に間違えられたサブローは木下藤吉郎に殺されるところで、現代にもどります。
この説明↑↑では何がなだかわかりませんが、タイムスリップしたサブローが知らず知らずのうちに歴史どおりにことが進み最後には現代に戻れてよかったって話です。
話の構成がよくできたドラマ・映画でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

福のラジオ

日曜16:00「福山雅治スズキトーキングFM」からかわった土曜14:00「福のラジオ」。

相変わらず聞けていない…。内容はさほど変わっていないようだが再三言うように時間が悪いよ~。
巷の噂ではスポンサー事情があるようだ。「スズキトーキングFM」は車屋さんのスズキがスポンサー。なんでもTOYOTAとCM契約をして、昨年12月から新型プリウスのCMを福山がやっている。
「福のラジオ」のスポンサーはキューピーとダンロップ。どちらもTVでCMをやっている。
福山の取り合い合戦ってところでしょうか、大人の事情を感じます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

下町ロケット

池井戸潤原作、阿部寛主演の下町ロケット、去年素晴らしい視聴率で終了しました。

阿部寛演じる佃社長にいろいろな困難がやってきます。特許侵害の訴訟、ロケット燃料バルブの供給、人工心臓弁‥。これらの問題も新製品の技術開発の力で解決していきます。

このドラマを見ていて感じたことがある。佃社長もいつまでもプレーイングマネージャーではなく、マネージャーに徹して根回し、話の落としどころ、つまるところライバル企業の小泉孝太郎のような政治力を身につければもっと楽に話が進むのに…。
そう思う反面、純粋に「いいものを作りたい」プレーヤーとしてビーカーをかき混ぜていた頃を思い出しました。
なんてまとめていいかわかりませんが、、先のSGMでもテーマになった「プレーヤー」と「マネージャー」。プレーヤーの情熱を持ったプチマネージャーであり続けたいと思いました。

今を時めく池井戸さん。「下町ロケット」「ルーズヴェルトゲーム」「不祥事」「俺たちバブル入行組」「俺たち花のバブル組」など面白い作品が多々あります。一番のお勧めは「七つの会議」です。A化成建材、T洋ゴム他企業の不正が起こる仕組みがリアルにわかる本です。
そして、吉川晃司。大手帝国重工の部長さん役でした。かっこよかった~。スーツ姿がとても似合ってました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧