カテゴリー「東北温泉三昧」の記事

2019年6月 8日 (土)

羽根沢温泉 加登屋

数年ぶりにきました羽根沢温泉。
その昔、石油を掘っていたら温泉が湧いたそうだ、現在の温泉には石油成分は含まれていないそうです。
公衆浴場もあるようですが、今回は温泉パスポートを利用し温泉宿の加登屋さんへ。
令和になったというのに昭和感ぷんぷんのホテルです。

お湯は良かったですねpH8越えで肌はすべすべ、硫黄のにおいも心地よい。
山奥にあるひなびた温泉郷ってかんじです。

--------------------
名前:羽根沢温泉 加登屋
場所:山形県最上郡鮭川村
特徴:無色透明のお湯、硫黄のにおいが心地いい~。
料金:大人300円(温泉パスポート利用で200円)
泉質:ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉
--------------------

| コメント (0)

2019年5月18日 (土)

ZAOセンタープラザ・蔵王温泉散策

久しぶりに蔵王へ。
蔵王の温泉に来るのも久しぶり、今日は蔵王センタープラザの日帰り風呂へ。
乳白色の硫黄のにおいプンプン貸切状態です。浴室は大きく新緑の中ではいる温泉は格別です。
 
 
--------------------
名前:ZAOセンタープラザ
場所:山形市蔵王温泉
特徴:強酸性の乳白色のお湯。硫黄ににおいがつよ~い。
料金:大人600円(温泉パスポート利用で300円)
泉質:酸性・含硫黄硫酸塩塩化物泉
--------------------
入浴後は散策です。
夏の蔵王温泉、マイナスイオンであふれてます。

実業家・白洲次郎の別荘もあるようです。スキーが大好きで好んで蔵王を訪れていたようですね。
そしてスキーのノーマルヒルのジャンプ台も。ワールドカップも開催され高梨沙羅も飛んでます。
Dsc00091 Dsc00092

| コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

かたくりの湯

義理のお父さんと兄貴と行ってきた。群馬県みどり市(旧笠懸町)にある温泉施設。岩宿遺跡の近所にある温泉だ。
低料金で温泉の質もよしよし、ナトリウム塩泉であたたります。近所の人たちで大賑わいしていた。



関東界隈にしては当たりな温泉です。

 

--------------------
名前:かたくりの湯
場所:群馬県みどり市
特徴:無色透明ちょっとしょっぱいお湯
料金:大人500円
泉質:ナトリウム-硫酸塩泉
--------------------

| コメント (0)

2019年4月30日 (火)

平成最後の温泉

平成最後の温泉は尾花沢のふくの湯。

相変わらずいい温泉です、サウナにもみっちり入って平成の疲れを癒す。

 

なぜか夜は年越し、いや元号越しのそばを食す。

 

 

--------------------
名前:花笠温泉 ふくの湯
場所:山形県尾花沢市
特徴:ちょっと黄色っぽい濁ったお湯
料金:大人400円(温泉パスポート利用で300円)、こども100円
泉質:ナトリウム-塩化物泉
--------------------

| コメント (0)

2019年3月30日 (土)

今日の温泉

庄内町にある温泉。

建物は新しく清潔感抜群。お年寄りの憩いの場になっている。

浴室も大きな窓から露天が見える。サウナもNEWタイプのようだ。

 

------------------
名前:町湯
場所:山形県庄内町  
特徴 : 茶色っぽい透明なお湯。
料金:450円 温泉スポート利用で380円
泉質:単純温泉
------------------

| コメント (0)

2019年3月24日 (日)

肘折温泉 旅館のハシゴ風呂 西本屋旅館・松井旅館・三浦屋旅館

久しぶりに肘折温泉。
旅館の温泉ハシゴです。

さすがに肘折、2m近くの雪が積もってます。そして巨大な雪だるまがお出迎え。
湯治場らしい落ち着いた雰囲気の温泉街。
 


まずは一件、1件目西本屋旅館。
金魚の水槽をながめながらの入浴。熱い熱い、水道で薄めなんとか入浴。
貸切風呂、入浴後も汗がひきません。

 
------------------
名前:肘折温泉 西本屋旅館
場所:山形県大蔵村 
特徴 : 茶色っぽいお湯、鉄の味がする。
料金:300円。温泉パスポート利用で200円
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
------------------


そして、2件目松井旅館。風情のある旅館です。
歴史のある温泉旅館のようだ。
こちらも貸切。風呂の温度はちょうどよい。
サイコーですね!
肘折の湯はどの風呂も体の芯から温まる。それでいて湯ざめをしません。


------------------
名前:肘折温泉 松井旅館
場所:山形県大蔵村 
特徴 : 茶色っぽい濁ったお湯、鉄の味がする。
料金:300円。温泉パスポート利用で200円
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
------------------


3件目は三浦屋旅館。
この旅館も貸切です。三件目になるとレポートにも困ります。
泉質も一緒なのでのぼせるほどに温まる~。

ちなみにこの3件すべて源泉かけ流し、贅沢なお湯です。

 

------------------
名前:肘折温泉 三浦屋旅館
場所:山形県大蔵村 
特徴 : 茶色っぽい濁ったお湯、鉄の味がする。
料金:300円。温泉パスポート利用で250円
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
------------------

いつかは泊まり(連泊)できてみたいな~。

| コメント (0)

2019年3月16日 (土)

東北ちいさな旅(岩手いいとこ観光 その1)

岩手県は花巻市にてわんこそばを食しに、そして鉛温泉・藤三旅館に日帰り入浴、さらに平泉の毛越寺、一関の厳美渓を見てきた。


国道13号をひたすら北へ、秋田県をスルーし雪国名物スノーシェードをくぐり岩手県へ。秋田県横手市から東へ、峠越えです。昨日まで暖かかったのに雪降ってるよ…。
約3時間で無事に花巻市金婚亭さん着。レストランでメニューを探すも「わんこそば」というメニューがない…。店員さんに聞くと団体さんの予約しかやってない様子。店員さんが掛け合ってくれて晴れてわんこそばを食せることに。二階の団体さん席に案内され特別に用意してくれた。店員さんありがとう!

24杯の体験わんこそばコースをチョイス。1杯10g×24+おにぎり、お新香もついて満足な量です。わんこそば大会では5分間で200杯くらい食べるそうだ。200杯って、そばを入れてくれるおばさんが言っていた「そばは飲み物だ」と…。山形の固いそばとは明らかに質が違います。

歳をとりあきらかに食が細くなり、めっきり油こい料理を敬遠するようになったこの頃、こんな私でも10代後半の頃は吉牛特盛×2杯食べてました。食べ盛りの若い頃に挑戦したかったですね~。

 

Dsc09867


次は鉛温泉・藤三旅館へ。ここは立って入れる岩をくりぬいた風呂があり、湯治場としても有名でなかなか予約がとれないそうだ。

 

Dsc09878 Dsc09879 Dsc09881 Dsc09884

歴史を感じる渋い建物、昭和にタイムスリップしたようです。さっそくお風呂へ、川沿いの桂の湯、白糸の湯、こちらもサイコーです!。露天風呂もあり川のせせらぎを聞きながら、さらに小雪が降る中はいる温泉はサイコーですよ。メインの白猿の湯、深さが130cmくらいちょうど立って入る湯船です。湯船のそこに穴が開いており源泉がこんこんと湧き出ている。
このお湯に入ればどんな病気も治っちゃうね!左腕の神経痛も治ってと祈りつつ入浴します。

よかった~よかった~いいお湯だった~。

---------------
場所:岩手県花巻市
特徴:無色透明 源泉かけ流し。
料金:大人700円。
泉質:アルカリ性単純温泉
---------------

次は今日の宿、ゲストハウスメインさんへ。

Dsc09921 Dsc09930 Dsc09922 Dsc09928

夜は宿のバーで一杯。偶然同じ部屋のお兄さんとサッカーネタ、旅行ネタで盛り上がる。旅が好きな人ってたくさんいるんだよな~。このお兄さんJ1、J2、J3のサッカーの試合を見に全国を飛び回っているようだ。J2山形モンテディオのホームNDスタジアムにも来たことあるといっていた。山形あるあるトークで盛り上がった。結構飲んだな~。

つづく


| コメント (0)

2019年3月15日 (金)

今日の温泉

一週間の疲れを癒すべく今日も温泉。


Dsc09797
---------------
名前:テルメ伯陵
場所:山形県大江町
特徴:乳白色、日によってはエメラルドグリーン。源泉かけ流し。
料金:大人300円。温泉パスポート利用で200円。
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
---------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

今日の温泉

今日は朝から早起きをして、友人を誘い朝風呂です…。



Dsc09795 Dsc09796


--------------------
名前:碁点温泉
場所:山形県村山市
特徴:茶色っぽいお湯、黒い湯の花が浮く何となくしょっぱく温泉の独特なにおい。
料金:400円
泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物温泉
--------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

今日の温泉

二年ぶりぐらいの訪問。大江町の山奥にある温泉。
源泉かけ流し、独特の硫黄臭がたまりません。
白い湯の花もふんだんに浮いてます。
Dsc09785 Dsc09786 Dsc09788_2

足湯もあります。
Dsc09790_2

山形の冬もそろそろおしまいですが、まだこんなに雪があります。
Dsc09781 Dsc09783
------------------
名前:奥おおえ柳川温泉
場所:山形県大江町
特徴 : 透明のお湯。温泉独特の匂いがたまらない。
料金:300円。温泉パスポート利用で200円
泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧