« 東北ちいさな旅(山形気候編) | トップページ | グローブ »

2013年11月21日 (木)

東北ちいさな旅(山形食文化編)

まず、食べ物で衝撃を受けるのが「そば」だ。村山地方はそばの産地で秋になると新そば祭りがあちこちで開催される。

Photo板そば   Photo_2肉そば

この「そば」、関東と異なり歯ごたえのあるそばだ!しっかり噛まないと飲み込めないほどの硬さだ。そして、このブログでもたびたび登場している「肉そば」もあり麺文化が独自に発達したことが理解できる。

ロッポンがすむ庄内地方は「そば」よりも「ラーメン」が有名なように思う。魚介系のダシでとった醤油ラーメンがまた旨い。酒田にも有名なラーメン屋さんがあるが、行列の絶えない冬にしかオープンしない旅館のラーメン屋が鶴岡にある、その名も「琴平荘」。
是非行ってみて!!

Photo_3 鶴岡三瀬にある旅館のラーメン屋「琴平荘」


でもやっぱり、これからの季節は「たら」です。「寒だら汁」は冷えた体にじ~んとうま味がしみてきます。通年を通しておすすめ食スポットはやはり酒田港近くにあり,、このブログでも度々登場する「海鮮市場」だ!!あそこは海の幸がリーズナブルで季節ごとの食材が味わえとにかく美味い!!

庄内に行ったらとにかく海の幸!冬は「寒だら」夏は「岩ガキ」必ず食すべし!!

Photo_4 Photo_5 Photo_6

つづく

« 東北ちいさな旅(山形気候編) | トップページ | グローブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130835/58614403

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ちいさな旅(山形食文化編):

« 東北ちいさな旅(山形気候編) | トップページ | グローブ »