« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

山形もグッと寒くなってきて、街路樹の木々もそろそろ紅葉し始めていおります。これから寒い冬が来るのかと思うと、猛暑の夏が懐かしく思います。

果物王国山形では一年の味覚を締めくくるにふさわしいラ・フランス、リンゴがなり始めております。しかも道端にふつーになってます。

Dsc00646 Dsc00647 Dsc00643

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

東京へ

 役所の人のが主催する説明会に参加するため、久しぶりに東京にいってきた。午後からの聴講は眠くなる…しかも、お役人のお話は単調でいい子守歌に聞こえる。十中八九役人の話はつまらない。いやいや、眠くなる┐(´-`)┌。

説明会の最中、眠りに落ちそうになった時にどうして話がつまらないのか考えてみた。
結局、今までの事実とこれからの決まりごとを淡々と話すだけなのでつまらない。人前で話をするときは、上手い下手に関係なく自分の感じたこと、思ったことを自分の言葉で話すのが大切なのだ。まあ、私もそんなに話はうまくないのだが…。

そして、新しくなった東京駅

  Dsc00595 Dsc00597 Dsc00596

さらに東京駅内にあるラーメンストリートで大人気の六厘舎のラーメンを食べて帰ってきた。

Dsc00598 Dsc00599

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

西沼田遺跡のイベント

 隣町の天童に西沼田遺跡という場所がある。なんでも古墳時代に住んでいた人たちの遺跡が出た場所のようだ。そこでイベントがあるようなので行ってきた。

杭を投げたり、弓を放ったり…。我ながら弓を放つのは上手かった!

Dsc00586 Dsc00589 Dsc00583 Dsc00582








| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

芋煮

 山形の秋の名物芋煮、今の季節河原という河原では芋煮が行われる。毎週末芋煮を楽しむ人たちで大賑わいだ。そんな芋煮にお呼ばれして行ってきた。

Dsc00569 Dsc00563 Dsc00564 Dsc00565 Dsc00572

風があって少々寒かったが、最高の芋煮の味だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

楯山ハイキング

山登りが好きな壮一郎。今日は体育の日、最高の秋晴れで標高200mの山に登ってきた。

Dsc00537 

村山平野を一望


Dsc00539 Dsc00540

トカゲをゲットしようとしている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

第九回徳内マラソン大会

今年最後となるレースに参加してきた。隣町で行われる「第九回徳内マラソン大会」、私は10Km、壮一郎は2Kmに挑戦した。最初の4Kmまではダラダラ上り坂のイヤなコース。練習をほとんどしていなかったが50分51秒のまあまあなタイムでフィニッシュ!

Dsc00531 Dsc00536




| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

あいさつ立哨

 今年、壮一郎のかよう小学校の役員に選ばれ、よくわからないが生活部に属している。生活部の仕事のひとつにあいさつ立哨(りっしょう)なるものがあり、朝いろいろな通学ポイントに立ちあいさつをする。私は校門の担当になり、このポイントには校長先生も一緒だった。

通学してくる小学生達に「おはようございます」というだけの地味な仕事。

一番あいさつの声が大きいのは校長先生、次に小学生たち、一番声が小さいのは私を含めた生活部の大人だった。普段から会社や家庭であいさつをしているつもりでも、大きな声では言っていないのだろう…。

しかし、最後のほうには大人たちも大きな声であいさつができるようになっていた。あいさつの大事さを感じる一日だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

iPhoneにiPad

最近、docomoからソフトバンクやauのiphoneに乗り換える人が本当に多い。本当に!docomoもギャラクシーなどスマートフォンが出てるが、使い勝手はiphoneにかなわないようだ。さらに、うちに来る営業マンも皆iPadを持ってくる。会社説明から原料紹介まで重たい資料を持ち歩かずにすみ、必要なものは後程メールで転送する営業スタイルが主流となってきた。

恐るべしアップル。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »