« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月26日 (水)

東京マラソン2013

---------------------------------------------------------------

シライ シンタロウ 様
受付番号:70672

このたびは東京マラソン2013にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。

定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

---------------------------------------------------------------

東京マラソン2013、さすがに落選したようだ。

フルマラソン(42.195㎞)定員30,000人、応募者数303,450人倍率10.3倍。

まあ、仕方ないか~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

体幹

いつかのマラソン大会で「体幹を鍛えれば速くなる」と聞いたことがある。体幹とは胴体のことらしい。胴体の筋肉の内側にある筋肉?インナーマッスルを鍛えることでバランス感覚としなやかさが養われ、速く走れるようだ。走るのにも手足からではなく、体の中心からバランスよく動かすことで効率よく走れるようだ。

なんだかよくわからないが図書館で本を借りて実践している。
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

とある講演 つづき

この講演を聞いて思い出したことがある。

「ダメでもダメなりに何とかなる」「最悪状態もいつかわ終わる」
別に左遷されるわけでもないのだが、6年前当時の上司がさんざん飲んだ挙句に私に送ってくれた一言だ。あれからいろいろな事があったが「ダメでもダメなりに~」を合言葉に今までやってきた。そして「最悪の状況」というのもまだ訪れていない、と思っている。

最近、無茶ぶりな要求が多方面からある…。明らかに無茶で無謀な話でも、ダメでもダメなりに精神で頑張ってみると、案外なんとかなるものである。

そう考えると他人の言う無茶ぶりというのも、自分自身に身についた常識や固定観念というものが自分の限界を決めているのであろう。

常識や固定観念を排除して物事を考えると「想定外」という状態も発生しないようだ。

とりとめのない内容だが、勉強になる講演だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

とある講演

とある大会に出席してきた。得意の労働災害、メンタルヘルスケア、精神障害の労災認定といったつまらないお話ためになるお話でほぼ眠気との戦いだった(-.-)zZ。

最後に山形大学教授の特別公演があった。その冒頭に日本経済新聞の記事の一説がパワーポイントで映し出された↓↓↓。

「いよいよ日本経済は先の見えない時代に突入したという感がある。今こそ激動期だという認識が大切だ。これまでのやり方はもはや通用しない。過去の成功体験をいったん白紙に戻すという思い切った姿勢が経営者に求められる。」

なんとこの記事は昭和39年9月に掲載された記事だ!!
いつの時代も「常識や前例にとらわれてはいけない」ということのようだ。話の内容も面白くためになる講演だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

定年退職

取引先の営業マンが定年で退職した。私が入社以来とてもお世話になった人だ。取締役の常務から65歳で相談役になったあとも営業の第一線で頑張っておられた方だ。70歳になり完全に仕事をリタイヤするようだ。30歳も年下の私にもきちんと対応してくれ偉くなっても決して人を見下さないタイプの本当に人がいいおじさん(おじいさん)だった。
 そして、酒も本当に強かった~。それはさておき業界の飲み会でこのおじさん(おじいさん)の話が出た時に皆口をそろえて「本当に素晴らしい人だった」「すごくいい人」と言っていた。

そんな人と一緒に仕事ができてよかったと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

トレッキング(登山)

 最近トレッキングに興味がある。山形には蔵王をはじめ鳥海山、月山、朝日連峰などなど登山をするには素晴らしい山々がたくさんある。日曜劇場でも向井理主演の「サマーレスキュー」でも山の魅力が存分に描かれている。

いつかは登山を趣味にしてみたいですね~。

Dsc00394

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »