« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月21日 (月)

読売新聞と天童給食

 大地震から10日以上経った…。この間驚いたことが3つある。一つ目は先に記事にした電気点検の大野さん。二つ目が読売新聞、三つ目が天童給食。

うちは読売新聞を取っているが、100年に一度の地震がおきても新聞は毎日届くのだ!!スゴイね~地震がおきて2~3日は新聞も届かないと思っていたが普通の時間に普通に届いていた!
そして、天童給食。うちの工場の昼食は天童給食という会社から弁当を取っている。こちらも毎日何事もなかったように弁当が配達されるのだ!

そう考えると新聞が毎日届き、あたりまえのように弁当が配達されると言うのもすごい幸せな事の様に思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

Hさん

 一昨年、お隣さんにすむHさんが、仕事の都合で宮城県の石巻に引っ越した。旦那さんが某旅行代理店に勤めている転勤族で、旦那さん奥さん共に気さくな方だった。

 ご存知のとおり、石巻と言えば地震と津波で大打撃を受けた町だ…。とてもとても心配したがうちの相方にH婦人より電話がかかってきた!!話によると地震発生後、津波に襲われながらも子供達の手をとり必死に逃げ、それこそ九死に一生を得たと言う!!

旦那さんとは被災数日後に再会でき、今は関東のご実家にいるようだ!!

良かった~本当に良かった~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

大雪

この時期にしては大雪が降った(ノ_-。)
昨日から降り始め本当に大変な事になっている。会社帰りは歩道に膝まで雪が積もっていた…。ガソリンが無いようで市や除雪業者も仕事ができないようだ…。

しかし、岩手、宮城、福島の方々に比べればなんて事はない。山形も震災後は買いだめをするお客が集まり、お店からいっせいに食品が無くなったが今は少しずつ落ち着きを取り戻している。

本当に大変ですが協力して頑張って欲しいと思う。

Dsc06797

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

大野さん

 毎月、工場の電気点検をお願いしている大野さん、仙台から来てくれている。月曜日、定期点検に大野さんが現れた!ご存知のとおり先週の金曜日大地震がおきた(ノ_-。)
 そんな話を玄関先でしていると、弁当の配達が来た。それを見た大野さんは弁当屋さんに
大:「うまそうだな~弁当一つ余ってませんよね~」

よくよく話を聞くと、仕事中に仙台の地下鉄で震災にあり、その後火事が起きないように週末中お客さんのところを回り点検を行っていたようだ(地震で停電になった後、通電した瞬間にショートし火事が起こるのも珍しくないらしい…。) しかも、自分のうちには電気、ガス、水道のライフラインが切断されたままだという…。大野さんの行動に感動し自分の弁当を譲ってあげた。風呂もはいってないというので近くの東根温泉を紹介しペットボトルのお茶を5本あげた。

恐るべし大野さん!

| コメント (0) | トラックバック (0)

ご連絡②

 宮城のGo5氏ご連絡ありがとうございます。

「SGM」と「宮本を囲む会」の友人達の無事が確認できました。

山形も毎日余震がありますが、水道、ガス、電気も無事供給されております。今となっては関東のほうが被害があるように感じます。原子力発電所の事故も心配です…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

ご連絡

栃木県の友人達、茨城のKみこさんご連絡ありがとうございます。

余震がありますが、こちらは大丈夫です。

茨城もここ(山形)以上に大変そうですが皆で頑張っていきましょう!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

地震

長野のA氏、新潟のT氏、茨城のネモさん、宮本、群馬在住の友人達、埼玉在住の友人達、神奈川在住の友人達、取引先の方々ご連絡ありがとうございます。

一晩停電しましたが復旧しました。ラジオを聴く限り山形の街も着実に復旧しているようです。ガソリン10Lと灯油を買うのに2時間かかりましたが、明るい部屋で温かいご飯を食べられるのは幸せな事です。

1人でも多くの方が助かるよう祈っております。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

被災

被災した…。家族も皆無事だ。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

ミスをなくすために

 製造業に携わる人ならいや仕事をしている人なら誰も経験のあるミスや失敗。自分自身の過去を振り返っても数え切れないくらいの失敗をしてきた。そして、製造業の現場でも思いもよらないミスすが起こるのだ。常識では考えられないミスでも納期ぎりぎりの仕事や新しい仕事のときに決まってミスが発生する、不思議なことにミスして凹んでいる所にミスがミスを呼びミスの連鎖が起こるのだ(ノ_-。)
 そもそも人間とはミスや失敗をする動物であり、同じ失敗をしないように工夫する能力が備わっているそうだ。そんなミス改善について調べてみた。

 「自分で自分を知りミスを無くすように自分自身をコントロールする力」=メタ認知力というらしい。メタ認知力の中に自己モニタリング能力(自分自身を知る力)と自己コントロール能力(自分の心と行動を制御する能力)がありこれらを理解することにより、みずからが起こしそうなミスを予め予測できるらしい…。具体的には自分が犯したミスに早期に気づく事ができる、ミスをしないように自分をコントロールできる、ようになるらし。

詳細は→「メタ認知力」ネットで調べてみてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

バラつきを無くすために

 製造業に携わる人なら一度は聞いたことのある「バラつき」。同じ手順で作っているように見える量産品であっても、その日の温度や湿度、生産設備の気分、従業員の熟練度や気合の入れ方、規格範囲内の資材や原料の良し悪しなど複雑な要素が絡み合い、完成品(製品)にムラができてしまう。それを「バラつき」という。

「冷蔵庫を買ったらすぐに壊れてしまった」こんな電化製品の例もバラつきによるものだと思われる。

こんなバラつきを無くすために我々は日々努力しているのです。大変~、いや~大変。
ひとつ思うことは生産ライン(機械)で生産するものより、人の手で作ったもののほうがはるかにバラつきが少ない。化粧品の中身を作る製造に至っては職人的な感が感覚が必要であり、同じ手順でも熟練の人が作るとpHや粘度といった物性的なバラつきが本当にすくないのだ(・∀・)イイ!。

入社当時、研修で数ヶ月製造をやっていた。機械が動く音と製造室にただよう匂いに敏感になりなさいと言われた記憶がある。やはり、見たい聞いたり触ったり匂ったりする人間の感覚はどんなコンピューターやセンサーよりも優れているのだろう!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

ひっぱりうどん

 ここ山形にはひっぱりうどんという料理がある。
納豆とサバかん、ねぎ、醤油を混ぜ合わせ、茹でたうどんををそのまま取り分け食するといいうもの…。

Dsc06782 Dsc06784 

旨いんだかまずいかよくわからない┐(´-`)┌

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

NHK

今週も出張があった。今回はC.C.Lemonホール、昔で言うところの渋谷公会堂に役人の話を聞きに行ってきた。となりにはNHKがあり時間もあったのでNHKの見学に行ってきた。
 スタジオパークというところがあり、毎日13:00から「スタジオパークからこんにちは」という生放送をしているところだ。この日のゲストは田畑智子。生放送をみたかったが、抽選時間に間に合わず見ることができなかった…。さらに、ラジオ収録スタジオでは「ビリーバンバン」という歌手がリハーサルをやっていた。焼酎(いいちこ)のコマーシャルで また君に恋してる~notesって歌ってた。
 さらに放送の歴史や今までのニュース放送、朝の連続テレビ小説や大河ドラマの歴史、これからの放送のあり方などの展示をやっていた。メガネをかけなくても見れる3Dテレビの視聴をやっていた。見かたにちょっとしたコツが必要だがメガネをかけなくてもしっかりと見えた。

なかなか面白い施設だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

ファミコンソフト

我々が小学生だったころ、誰もが夢中になり一世を風靡したファミコン。そのソフトを作っていた人と一杯やりました。誰もが知っているあの名作達を作っておられた方です。

コンピューター、ソフトウェアを作る人たちはとんでもなく過酷な状況でお仕事をしていたようで…。体力の限界がきたら寝れる、PCのキーボードをたたいてる時、崩れ落ちながら落ちた人も数々いたようです…。そんな状況下でもバグが発見されれば叩き起こされ、疲れている体にムチをうち、問題が解決するまで働いていたようです。

悲惨だ…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

運命の人読感

沈まぬ太陽、恩地君。白い巨塔、財前先生。不毛地帯、壱岐取締役。そして、運命の人、弓成新聞記者。みんな大変です…。同僚と常に言っている一言「生きるって大変、働くって難しい…。」

毎朝新聞東京本社政治部、弓成亮太。沖縄返還をめぐるアメリカと日本政府との密約の存在を知る。しかし、その情報の出所が問題なのですよ…。

山崎豊子の最新作、皆さんも一読あれ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »